付き合う上での金銭感覚

満員電車が駅に到着して、人がザザザって降りてるのに電車の中で踏ん張って動かない人。

あれ、何なんでしょうか。

みんな降りてるのに、なぜか意地になって動かない。

むしろ逆流しようとする。

しかもなぜかキレてる。

そういう人がいたら容赦しません。

とりあえず舌打ち連呼。

グイグイ押します。

グイグイ押さないと出れないし。

朝から疲れたっぷりなドクターマシリトKe-Taです。

ちなみにこれ、白泉社の社長がモデルなのだそう。

へー。

さて、本日のクソトピックは付き合う上での金銭感覚。

まー人それぞれ金銭感覚って違うわけですから、全く同じの感覚な人はあまりいませんわな。

以前こんな人割り勘男〜イタリア人マリオ過去デート〜もいましたし。

金銭感覚があまりにも違う人にはあまり魅力を感じませんね。

変な話、ちょータイプなオスが僕の事大好きでも、金銭感覚が合わなかったらちょっと引いちゃうかも。

要するにケチが嫌い

かといって、無駄に金を使いまくる人も嫌い。

浪費する時は浪費する。

節約する時は節約する。

このバランスが近い人程お付き合いもうまくいきます。

現在デート中のLuke氏の場合。

コンビニで一緒に買い物して、まとめて払ったりするときに、飲み物1つなのに500円を渡そうとする。

飲み物1つ位僕は全然払っちゃうから、500円を突き返す。

ありがとうって言ってその場は終了。

その晩、また別の買い物の機会があって。

今度は彼が払ってくれる。

細かく計算するとどっちかが200円多く払ってるとかそんな世界。

でも、全然気にしない。

こういうお金のやり取り

すっごく楽なのよ。

ちゃんとどれ位払って貰ったかっていうのを感覚で覚えてて、感覚で返し合う関係。

部屋でピザを頼んだ時も、とりあえず僕がお金を払って、食べ終わってゆっくりしてる時に

HowmuchdoIownyou

って。

これ、普通だと思うでしょ?僕にとっては割と普通な事なんだけど

意外とこういうの出来ないクソオスが多いんですよ。

ゲイ特有なのかな?

もしくは

クソ野郎としかデートしてなかった

のかも。

日本に来たばかりで仕事を始めたばかりだからお金あんま無いけど。

Luke氏とは全く違和感がなくて過ごせるのは凄くポイント。

何かをしてくれたから何かをしてあげるっていうのを自然と出来るのがベストよね。

あ、思い出しちゃった。

以前ご紹介したアルコホリックアメリカ人。

彼の両親が来日した時。

4人で居酒屋へ。両親とは初顔合わせ。

楽しく会食し、先に帰らなければいけなかった僕は、帰り際にレジでお会計を済ませたわけ。内緒で。

まー正直言うと、

出来た彼氏を演じたわけよ(笑)。

で、別に何かを期待してたわけじゃないけど、お礼位言うじゃない?

その後、メールが来てもその事には一切触れていない。

あれ、もしかして2重で払った?って思って思わず

お会計大丈夫だった?って聞いたら

うん、君が払ってくれたんでしょ?って。

そうなんだけど。

お礼位言えないのか?

そういう感覚が僕にはわからない。

その週間後。

僕の母親の誕生日に、母親を日帰りで温泉に車で連れていってあげたんだけど。

このアメリカ人Dも来たいっていうから、一緒に同乗。

この時、母親にはカミングアウトしてなかったから、彼氏だってことは言ってなくて。

全ての道中にかかった費用は僕が出してて。

そもそもアメリカン人Dが来ようが来まいが温泉には行くつもりだったから全部僕が出すのは全然問題なかったのね。

まーせめて、ガス代出そうか?位は言って欲しかったけど。

帰り道。

パーキングエリアでご飯。

全部出してる僕を見て、さすがに母親も気を使ったのか、ご飯代を出してくれたの。もちろんDの分も。

すると、お礼もロクに言わずにレストランを出たDはその足でアイスを購入。

一人でペロペロ食べてるわけ。

別に何かを期待して良くしてあげてるわけじゃないけど、あまりにも一方通行過ぎて。

そういう感覚が僕にはわからない。

何かを期待して良い事をするな。

期待する位ならするな。

って言う考えもあるけど。

まー感覚の問題で僕とは合わないわなそういうケアレスな人。

後に母親も

あのお友達、大丈夫?って。

あんたの外人友達の中でも格別に変よねって。

彼氏なんですけど、、、

とはもちろん言えず。

そう思う彼女は僕の母親なわけで、感覚は同じなのでしょう。

自分の感覚を押し付ける事はしないし(以前は押し付けてた)、感覚って言われて変わるものじゃないから。

結局そういう人とは友達としても成立しませんわな。

っていう身にもならないクソトピックの閲覧ありがとうございました(ペコリ)。

ポチっとして!

にほんブログ村